海外旅行と言えば多くの人はハワイやグアムを想像するでしょう。一方、東南アジアにも、きれいな海が多く存在します。

海外旅行に行くというのはどうでしょうか
海外旅行に行くというのはどうでしょうか

海がきれいな東南アジアの海外旅行

皆さんは、海外旅行スポットできれいな海と聞いたらどこを想像しますか?多くの日本人は、常夏の島ハワイやグアムなどを想像すると思います。しかし、日本から近く、しかも低価格で楽しめるリゾートがあります。それが、東南アジアです。東南アジアには、フィリピンのセブ島、インドネシアのバリ、タイのプーケットやサムイ島など、魅力的なリゾート地が多く存在します。

これらのリゾート地に共通することは、自然がありのままに残されている点です。海外旅行におけるメジャースポットのハワイやグアムは観光用に開発されている面が大きいですが、マイナーな観光スポットである東南アジアは美しい自然がそのままの姿で残されています。

また、東南アジアでのダイビングは、「貴族ダイビング」と言われるほど、サービスが良いのも特徴です。なぜなら、東南アジアは経済水準が低く、安い賃金でたくさんの人を雇えるからです。貴族ダイビングで言えば、荷物は運んでくれ、器具の取り付けもしてくれ、バーベキューの準備もしてくれ、自分たちは泳ぐだけ、という夢のようなことができます。ぜひ、夏の海外旅行は、東南アジアに行ってはいかがですか。