海外旅行に絶対必要なものがパスポートです。パスポートは自分の住んでいる都道府県の旅券課で取得できます。

海外旅行に行くというのはどうでしょうか
海外旅行に行くというのはどうでしょうか

海外旅行前のパスポートの取り方

海外旅行に必要なものと言えばパスポートです。パスポートがなくては日本から出国できないので、海外旅行をする前に取得しておく必要があります。パスポートは各都道府県の旅券課で取得できます。申請するには、運転免許証などの身元確認書類、決められたサイズの6か月以内に撮影した顔写真1枚、住民票の写し1通、一般旅券発給申請書が必要です。住民票の写しに関しては必要のない自治体もあるようです。パスポートには5年用と10年用の二種類があります。5年用は11000円、10年用は16000円の費用がかかります。

申請や受取は、旅券課が開いている時間、9時から16時30分で、土日祝年末年始は基本的に受け付けていないので注意が必要です。平日に仕事がある人は、会社で半休を貰って役所に行く必要があります。身内や友人などに頼んで代わりに申請に行ってもらうこともできますが、パスポートの受け取りは本人でなければならない決まりがあります。